法人保険で税金対策!税制面の仕組みから活用法等までをまとめました。

法人保険について

 

法人保険とは

法人保険とは、契約者が法人になる保険です。

 

法人名義で保険に加入することで税金対策にもなるので利益の出ている企業を中心に高い需要があります

 

また、万一の補償や経営難に直面した時のリスク回避をはじめ、従業員の福利厚生や退職金確保をできるメリットもあります

 

 

貯蓄型が人気

法人保険にも様々な種類がありますが、貯蓄型の特化した商品が人気です。

 

満期返戻金を定めて従業員の退職金を積み立てたり、いざという時に使える会社の資産を構築できます

 

貯蓄に特化した保険の場合は、加入期間によっては解約時に元本割れしますが、長年加入していればいつ解約しても元本に近い金額を引き出せるようになります。

 

つまり、加入当初は解約時のリスクは高いものの、一定期間保険料を納付すると過剰金を保険会社に毎月プールするような形になります。

 

保険料として支払っているので簿外資産になり、税制面など幅広い意味で都合よくいざという時に使える資金を確保できます。

 

 

 

経営者に手厚い保険をかける

法人保険は受取人を会社にするのが原則です。
通常の生命保険の場合は親族を受取人にするのが一般的です。

 

会社を愛して、自分に何かあったときでも会社を残したい場合。
そして経営者の影響力の強い場合は法人保険で手厚い補償を付けておくと安心です。

 

経営者が病気や死亡で経営を離れてしまうと、信用を失って銀行からの融資も受けにくくなってしまうことがあります。

 

そんな時に経営者にかけた法人保険で、まとまったお金が入れば、会社を立て直すための資金として有効活用できます

 

子供など親族に会社を継承する予定の場合は、生命保険料を相続で直接渡すよりも、会社のお金として受け取った方がメリットも大きいです。

 

 

 

法人保険の活用は難しい

保険に加入して保険料を損金計上すれば手軽に税金対策ができますが、法人保険の活用方法は多岐に渡りプランも細分化されています

 

たとえば税金対策が目的なら損金100%タイプを選びがちですが、会社の会計状況では損金50%タイプの方がお得になる場合もあります。

 

法人保険で税金対策やリスク回避にうまく役立てるには、腕のよい税理士、会計士、ファイナンシャルプランナーなどの助言を受けることが望ましいです。

 

法人保険に興味を持ったら、将来起こりうる会社の危機的な状況の対応を考え直すいい機会です。

 

経営者の病気や資金ショートした時にどうしたいのか考えをまとめて、方向性や考えられるリスクに応じた内容で法人保険に加入し、使える税制面の優遇はフル活用しましょう