医療保険は主に病気を補償するもので、ケガの補償は傷害保険が必要です。

医療保険について

 

医療保険のこと

 

医療保険は通院や入院時の費用を補償する保険です。
健康保険と併用することができて、主に本来発生する3割負担の部分を補償してくれます。

 

医療保険は商品や補償プランが幅広く、月々1,000円~2,000円で手軽に入れるものから、月々数万円の保険料が必要になるものもあります

 

医療保険によって対象になる範囲が変わっていて、病院にかかると全て医療保険で自己負担分をカバーできるものではないです。

 

 

入院を条件にするプランが主流

通院のみの利用は日常的に起こりうることです。

 

健康保険で3割負担になれば、生活費を圧迫する大きな支出にはなりませんし、その都度保険金請求が必要になると保険会社の負担と加入者の手間の双方が大きくなります。

 

医療保険支払い基準は入院以上になっているプランが主流で、一昔前は5日以上の入院が保険金支払い基準の目安になっていました。

 

最近では1泊2日の入院から補償するなど、適用範囲を拡充した保険が増えています
保険適用になる入院日数を超えると、退院後の通院も補償されるようになります。

 

入院・通院時の保険金の下りる条件は商品ごとで違うのでしっかり確認しておきましょう。

 

 

 

大きな疾患は通常の医療保険では効かない

死因で多い「がん」は基本的に医療保険とは別にがん保険に加入しないと補償されません

 

ほかにも重大な疾患は医療保険では適用外になることが多く、補償範囲は保険ごとで異なります

 

がんも含めた三大疾病は通常の医療保険では補償適用外になりますが、別途特約をつけて保険でカバーできる商品が増えています。

 

三大疾病
  • がん(悪性新生物)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中

 

 

 

怪我の補償は傷害保険

若い方の場合は、病気のリスクは低いですが、スポーツやレジャーで骨折などケガを懸念して保険を検討する方も多いです。

 

医療保険は主に病気を補償するもので、ケガの補償は傷害保険が必要です。

 

病気と怪我の双方を補償する商品もありますが、医療保険に加入するときは病気と怪我の補償範囲を確認しておきましょう

 

 

 

拡充する補償範囲

入院や通院費は保険で下りても、仕事ができなくなれば生活ができなくなってしまいます。
最近では休業補償も保険でカバーできる商品が増えています

 

他にも個室利用する差額別途費用特約や、お見舞いに来てくれた人へのお返し費用を補償する特約など、医療費以外も補償できるプランが人気です。

 

扶養家族を持っている人は、大きな病気やケガになったときのことも考えた保険選びが必要です。