自賠責保険は対物賠償のみ!自動車保険(任意保険)を必ず利用しましょう。

自動車保険について

 

自動車保険に加入している自動車

自動車保険は車やバイクを所有している人はもちろん、教習所でも保険の重要性を教えられるので免許を取得した時点で必要性を感じている方も多いでしょう。

 

保険料の算出方法は数ある保険の中でも特殊保険会社や補償内容、条件に応じて大幅に保険料は変わってきます

 

車やバイクを所有するなら最低でも、任意保険の対人・対物無制限は加入しておきましょう

 

 

自動車保険の種類

自動車保険は大きく次の3種類に分類されます。

 

自賠責保険 車両に対してかける強制保険、補償内容は対人賠償のみで死亡時最大3,000万円
任意保険 一般的な自動車保険で、自賠責保険では補償されない部分の補償が可能で、補償範囲を自由に選べる
ドライバー保険 車両ではなくドライバーに対してかける保険。人から車を借りる場合などに活用される

 

自賠責保険は強制保険で、加入しないと車検を取れない仕組みです。
無保険で公道を走ると一発免停(車検切れなら一発免許取り消し)の重たい処分を受けます。

 

自賠責保険最低限の対人賠償しかされません
人身事故で死亡や重度の後遺症になると、1名あたりの賠償金が1億円を超えることもあります。

 

また、対物賠償は一切なく店舗や道路、設備を破損させると賠償金が数千万円以上になるリスクもあります。

 

自賠責保険だけだと人生が終わってしまうほどの賠償責任を負うため、任意保険に加入することを推奨されています

 

 

任意保険の種類

 

任意保険は損保会社が販売している自動車保険にあたります。
補償内容は大きく次の4項目に分かれています。

 

  • 対人
  • 対物
  • 人身
  • 車両

 

対人、対物は加害者になった時の賠償金を補償します。
人身は同乗者、車両は車の損害など自分の車および人に対しての補償です。

 

それぞれ車種ごとに料率クラスが分かれていて、保険料の決まる一つの条件になります。
一番保険料が高いのは車両保険です。
特に自損事故も補償できる一般(フルカバー)は高額になります。

 

 

 

保険料の決まる仕組み

自動車保険は以下の条件で保険料が決まります。

 

  • 等級
  • 年齢条件
  • 運転者の範囲
  • 補償条件
  • 用途
  • 車種(料率クラス)

 

ポイントになるのは、同じ車で同じ補償プランでも加入する人によって保険料は大きく変わります。
車種よりも契約者の条件によるウエイトが大きいです。

 

自動車保険は運転者によって事故を起こすリスクが変わります。
10代よりも30代以上はベテランドライバーも多く無茶な運転もしないので事故を起こしません。

 

等級は契約年数と事故歴が反映され、長年保険請求をせずに自動車保険に加入していると、等級が上がって保険料は安くなります

 

最近では、免許の色や年間走行距離など、さらに条件を細かく分類して保険料を算出するリスク細分型保険が通販型保険を中心に普及しています。