自転車保険は加害者になってしまった際の相手のけがを賠償できる保険です。

自転車保険について

 

自転車保険

 

自転車も歩行者を相手にすると、車やバイクと同じような扱いになって死亡事故や大怪我を負わせる加害者として高額な賠償責任を負います

 

自転車での重大事故をニュースで取り上げられることも増えていて、自転車保険の需要は保険の中でもトップクラスの伸び率を見せています

 

自転車保険と聞くと自転車に乗る場合は加入しないと一切補償を受けられないと思われがちですが、相手に対しての補償は他の保険(自動車保険や火災保険など)の個人賠償責任特約でカバーできる場合もあります

 

一般的な自転車保険は加害者になったときの相手への賠償補償と、自転車に乗る人のケガの補償をセットにしたものです。

 

 

保険の重複に注意

自転車保険を検討している場合は、車や家の保険で個人賠償責任特約が付いていないかチェックしてみましょう

 

大手代理店損保でも年間2,100円ほどで付けられる特約で同居の家族も補償されます。
親をはじめ家族で自動車保険、火災保険に契約している人がいたらチェックしてみましょう。

 

家族の中で複数人が自転車に乗る場合で、加害者になったときの損害賠償だけ補償したいのであれば、自転車保険に加入せずに個人賠償責任特約に加入した方がお得です。

 

自転車保険は安いもので年間2~3千円。
手厚い補償のタイプでも年間1万円ほどです。
毎日通勤通学で自転車に乗るのであれば、手厚い自転車保険に入っておく価値もあります。

 

 

 

増加する自転車事故

自転車事故が増えている要因は次のものがあります。

 

  • 電動アシスト自転車の普及やロードバイクブームで自転車人口が増えた
  • 音楽を聞きながら自転車に乗る人が増えた
  • スマホを操作しながら自転車に乗る人が増えた

 

もっとも危険なのは自転車に乗りながらスマホを操作することです。

 

事故件数で見れば音楽を聴いているケースが多いです。

 

片耳や最低限の音量で周囲の音を聞こえる環境を確保しておけばいいですが、両耳にイヤホンやヘッドホンをつけて大音量で音楽を聞くと周囲の音が聞こえず重大事故に発展しやすいです。

 

スマホやi-Pod、MP-3プレーヤーなどの普及で自転車事故が増えていて、若い人が重大事故を起こす事例が増えています。

 

特に若いと自転車のスピードが出るので、お年寄りや子供を相手に事故を起こすと、重大事故に繋がりやすいです。

 

自転車保険は若いから大丈夫と安易に考えず、若いからこそ必要性の高い保険です。

 

 

人生台無しになる重大事故も

 

2013年判決の出た大きな自転車事故では加害者が小学生で、被害者を寝たきりにさせたとして9,500万円の賠償命令が出ました。

 

もちろん賠償金を払う責任は小学生本人ではなく親に行きます。

 

2017年にもスマホ操作中の女子高生が乗る自転車で死亡事故が起きていて高額な賠償責任を負う判決になると予想されます。

 

自転車は歩行者を相手にすると車やバイクと大差ありません。
いずれは賠償金1億円超えの判例も出てくるでしょう。
可能性がゼロではない以上、保険は必要です。

 

年間2~3千円程度で相手への賠償補償を受けられるので自転車保険の加入は積極的に検討してください。