火災保険は補償プランや特約によって幅広い住宅の損害が補償されます。

火災保険について

 

火災保険は損害保険に分類され、住宅ローンを組んで家を買う場合や賃貸住宅に住む場合は義務付けられることも多く加入率の高い保険です。

 

火災保険は以下の3つに分類されます。

 

  • 火災保険(建物に対しての保険)
  • 家財保険(家具や家電、その他の家財に対しての保険)
  • 地震保険(震災での被災や津波被害を補償)

 

日本は地震の多い地域で、通常の火災保険だけでは地震の補償は得られません

 

地震が起こると一気に多くの世帯が被害を受けて保険会社だけでは対応できないため、地震保険に関しては保険会社と政府の共同事業になっています。

 

地震による損害は満額補償されないですし、保険料は火災保険や家財保険に比べて高いデメリットがあります。
なお政府と共同事業の一般的な地震保険はどこの保険会社で加入しても保険料は一律です。

 

 

家に住む以上、火災被害は自己責任

火災保険に加入している家

 

住宅火災を起こすのは、喫煙者のいる家庭、石油ストーブを使う家庭、高齢者のいる家庭など特定の条件に集中しています。

 

家にほとんどいないし、自炊もしない、タバコも吸わない、ストーブは使わないなど、火災リスクの少ない人も多いですし、火災保険は必要ないと簡単に考える人もいます。

 

しかし、火元が自分の家でなくても火災になったら原則、自分の火災保険で対処する決まりになっています。

 

たとえば、隣の家が火事になって火が燃え移った場合でも、重大な過失がない限り、火元になった家に損害賠償請求することはできません。

 

放火や自殺目的で火を付けるなど、重大な過失を認められても建て替え費用を弁済する支払い能力のないケースが一般的です。

 

つまり、どれだけその家に住む住人が火の始末に気をつけても火災リスクは回避できないため、火災保険の必要性は高いです。

 

 

 

火災保険は住宅の総合保険

火災保険のメインは火事による損害補償ですが、補償プランや特約によっては幅広い住宅の損害を補償されます。

 

火災保険の基本補償をご覧ください。

 

  • 風災リスク(台風によって窓ガラスが割れた、屋根が飛んだなど)
  • 水災リスク(洪水による浸水被害など)
  • 盗難リスク(泥棒被害など)
  • 紛争リスク(デモによる破壊行為など)
  • 破壊リスク(自分自身の過失で窓ガラスを割ってしまった、家具移動でテレビを割ったなど)

 

近年は異常気象で台風や記録的な大雨など自然災害の被害も増えています。

 

以前は火災保険は建物の火災補償をつけないと他の補償を付けられませんでしたが、ここ最近は火災リスク以外の補償だけを選択できる商品も増えています

 

 

便利な付加サービス

 

火災保険は通販型、外資系、異業種から参入してきた新しい損保会社の登場などで競争が激化して、各保険会社で付加サービスで差別化を行う取り組みが増えています

 

代表的な火災保険の付加サービスは以下の通りです。

 

  • 水まわりのトラブル駆けつけサービス
  • カギのトラブル駆けつけサービス
  • 電気、ガスのトラブル駆けつけサービス
  • 電球交換、家具移動のお手伝いサービス
  • 火災保険以外の住宅や税金、法律、健康など幅広い相談ができる電話相談窓口
  • 加入者限定のスマホアプリ

 

このように火災保険は加入しておくと大きな災害ではなく、ちょっと困った時に役立つこともあります。